ウイングアーク1stは東京ビッグサイトで2016年10月19日から21日まで開催している「ITpro EXPO 2016」の展示会場で、「MotionBoard Cloud(MB Cloud)」を利用したリアルタイムのデモを展示。社員の部屋の状況をリアルタイムでモニタリングしてダッシュボードに表示しているほか、活動量計を着けた人物のリアルタイムの心拍数などを見ることができる。

活動量計を着けた人物の心拍数などをリアルタイムで表示
[画像のクリックで拡大表示]

 MB Cloudはデータ可視化ソフト「MotionBoard」をクラウドとして提供するサービス。リアルタイムでデータ処理が可能な「IoT Edition」を用意し、「収集したデータをリアルタイムに閲覧したいというIoT関連の要望に対応可能にした」(営業本部クラウド営業統括部クラウド営業部第2グループの関口太郎グループマネージャ)という。

 従来のMotionBoardはBI(ビジネスインテリジェンス)ツールのように「昨日までの売り上げデータのサマリーを見る」「地域別の売上高を見る」といった大量データを一括して分析する使い方を想定している。こうした発想に対し、MB Cloud IoT Editionは、「差分のみを秒単位で取得して画面に描画するエンジンを新たに開発して搭載することで、リアルタイムでの表示を可能にしている」(関口グループマネージャ)。

 会場では部屋の状況や活動量計の測定のほかに、清掃車にセンサーを付けてPM2.5の値や紫外線量測定するデモを展示。清掃車の位置情報を取得するスマートフォン向けアプリからの情報と併せて分析することで、地図上に清掃車の移動状況を描画したり、清掃車にPM2.5の状況などをアラートとして電子メールで配信するなどの仕組みを解説している。

清掃車の移動状況を地図上に描画
[画像のクリックで拡大表示]