三幸工業は、2016年10月19日から21日まで東京ビッグサイトで開催されている企業向けITソリューションの総合展示会「ITpro EXPO 2016」で、ノンプログラミングで地図上に情報を表示できるWindowsデスクトップアプリ「allinMap Studio」を展示・デモしている。

allinMap Studioの展示の様子
[画像のクリックで拡大表示]

 allinMap Studioには、地図や住所、道路ネットワークのデータが含まれている。allinMap Studioに顧客の住所情報や属性情報などを読み込ませれば、地図上にその情報を表示したり、地図上で目的の属性情報を検索したりできる。例えば、店舗から半径5キロメートル以内の顧客を表示したり、エリアに含まれる顧客の属性をグラフ化して地図上の表示させたりできる。

 またallinMap Studioは、登録した情報をGoogle Maps(Googleマップ)やカーナビゲーションシステムに書き出す機能も備えている。例えば、allinMap Studioで作成した地図データは、顧客情報などを付与した形でGoogleマップに書き出せる。