ソフトバンクグループでスマホ関連機器のディストリビューション(卸売)事業を手がけるソフトバンクコマース&サービス(C&S)。2016年10月19日に開幕した「ITpro EXPO 2016」の会場では、同社が取り扱うクラウド対応サービスを展示している。

「Azure相談センター」「Office365相談センター」と銘打ち関連サービスを紹介している
[画像のクリックで拡大表示]

 「Azure相談センター」「Office 365相談センター」という名称でブースを構え、パブリッククラウド「Microsoft Azure」や、統合型情報共有クラウドの「Office 365」に関連した様々なサービスを紹介している。具体的には、Azureの運用管理サービス「くらまね」やSharePointのアドオンであるワークフロー「Nintex」、電子認証の「DocuSign」、Azureを利用してIoT(インターネット・オブ・シングス)のシステム構築を支援する「IoT構築サービス」などだ。

 クラウド利用を検討している企業にとっては、AzureやOffice 365に蓄積したデータをどこにバックアップするかも悩みの種。展示ブースではOffice 365のバックアップサービス「SkyKick」やクラウドストレージ「Dropbox」も合わせて紹介している。