2016年10月19日から21日まで東京ビッグサイトで開催されている「ITpro EXPO 2016」で、オープンテキスト(OPENTEXT)は、「エンタープライズ情報管理(EIM)」というコンセプトを打ち出して、製品群の展示や説明を行っている。企業が持つ膨大な情報を体系的に管理できるという。

オープンテキストブースの様子
[画像のクリックで拡大表示]

 オープンテキストは、企業が社内の情報管理や運用を包括的に行えるECM(エンタープライズ・コンテンツ・マネジメント)を手がけているほか、グループ会社のGXSによる企業間のデータ連携を行うEDI(電子データ交換)で知られる。展示ブースでは、ワークスタイル変革やサプライチェーンの効率化などをテーマに、プレゼンテーションをしている。

 製品群は大きく5つに分かれている。社内に蓄積されたデータのレコード管理や監査証跡で情報ガバナンスを高められる「エンタープライズコンテンツ管理(ECM)」や、稟議の承認や審査などができる「ビジネスプロセス管理(BPM)」、Webサイト管理や請求書発行ができる「カスタマエクスペリエンス管理(CEM)」、データを可視化やビッグデータ分析できる「アナリティクス」、EDI連携や帳票の自動FAX送信などに活用できる「ビジネスネットワーク」である。それぞれについて導入事例を含めて展示や説明をしている。