テクマトリックスは、2016年10月19日から21日まで東京ビッグサイトで開催されている企業向けITソリューションの総合展示会「ITpro EXPO 2016」で、デスクトップアプリやWebアプリ、iOS/AndroidアプリのUIを自動テストするツール「Ranorex」を展示している。

Ranorexの展示の様子
[画像のクリックで拡大表示]

 同製品は、デスクトップアプリやWebアプリを実際に動かし、そのアプリが正しい挙動になっているか、開発者の期待した値を返しているか、などを記録してレポートとして出力する。レポートは、HTML文書の形で出力する。既に提供中の製品だ。

 モバイルアプリをテストする際には、Ranorexがインストールされた端末とモバイル端末をUSBまたはWi-Fiで接続し、モバイル端末上でアプリを操作する。テスト項目はプログラミングなしで作成できるが、より複雑なテスト項目をプログラムで作成することも可能だ。

 また同社のブースには、Ranorex以外にもソースコードの構造を解析するツール「Understand」や、Javaプログラムの静的解析ツール「Jtest」など主力のテストツールを展示している。