インフラジスティックス・ジャパンは、東京ビッグサイトで2016年10月19日から開催されている企業向けITソリューションの総合展示会「ITpro EXPO 2016」で、データの可視化ツール「ReportPlus」を展示している。

ReportPlusの展示の様子
[画像のクリックで拡大表示]

 同ツールは、ExcelファイルやCSVファイル、データベースに格納されたデータなどの様々なデータソースからレポートを作成するもの。あらかじめ作成するレポートのテーマが20種類ほど用意されているので、データソースさえあれば専門家でなくとも手軽にきれいなレポートを作成できるのが特徴だという。

 作成したレポートは、WindowsデスクトップアプリやiOS/Androidアプリ、Webブラウザーから確認できる。ReportPlus用のiOS/Androidアプリがアプリストアにて無償で配信されているので、そのアプリをインストールして利用する。ただし、複数人がWebブラウザーで閲覧するには、別途「ReportPlus Server」を導入する必要がある。

 また、iOSアプリやWebアプリにレポート表示機能を組み込むことも可能。その場合は、「ReportPlus Embedded」を利用する。

■変更履歴
記事掲載当初、ReportPlus Embeddedを利用すれば「iOS/Androidアプリにレポート表示機能を組み込むことも可能。」としていましたが、正しくは「iOSアプリやWebアプリにレポート表示機能を組み込むことも可能」です。お詫びして訂正します。[2016/10/20 13:00]