「大企業とベンチャー企業の違いは何か」「競合相手との差異化をどう考えているか」「技術者のモチベーションをどうやって維持するか」――。

 2016年10月15日に開催された、大企業の次世代CTO(最高技術責任者)向けフォーラム「CTO30会議」では参加者からこうした質問が寄せられた。質問したのは同会議に参加する大企業の次世代CTO、回答者はベンチャー企業の現役CTOである。

2016年10月15日に開催された「CTO30会議」の交流セッション
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の大企業とベンチャー企業の交流は、アマゾン ウェブ サービス ジャパンが運営するベンチャー企業のCTO向けカンファレンス「CTO Night」とCTO30会議の連携企画として実現したもの。ベンチャー企業のCTOとして、ソラコムの安川健太氏とMonotaROの安井卓氏が登壇した。

 大企業とベンチャー企業の違いについて、ソラコムの安川氏は「大企業では新しいことに取り組もうとしても、既存事業への影響を考えざるを得ない」とし、いわゆる“イノベーションのジレンマ”を感じた経験を紹介した。

 MonotaROの安井氏はベンチャー企業では関わりを持てる領域が広いことを挙げた。領域の広さはベンチャー企業に必要なスピードの維持につながるとした。「インフラとアプリケーションが分かれるとスピードは遅くなる。過去の経験を生かして、両者を融合して考えるようにしている」と話した。

 安川氏は、企業の規模が大きくてもスピード感を維持できるとした。「過去に在籍したアマゾン ウェブ サービス ジャパンでは、(食事が)ピザ2枚で足りるチームの単位に区切って活動する“2枚のピザ理論”があった」。その経験を踏まえ、現在もスピードを維持できるチーム編成を意識しているという。

 競合企業との差異化について、大企業を競争相手として回答したのは、安川氏だ。「大企業には規模で負ける。いかにイノベーションを先に起こすかに注力している」(安川氏)。顧客との関係についても「期待以上」を目指しているとする。「顧客に言われたものを作るだけでなく、もっと大きなイノベーションで、もっといいことができるように意識している」(同)。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら