ガートナー ジャパンは2016年10月5日~7日までの3日間、東京・品川で企業のCIOに向けたIT専門イベント「Gartner Symposium/ITxpo 2016」を開催した。7日には、米ガートナー リサーチ部門 バイスプレジデント兼フェローのハン・ルホン氏が「基調講演・続編2 プラットフォームの世界で競争する」と題する講演を実施、IoT(インターネット・オブ・ザ・シングス)とともに広がるプラットフォームの世界で、企業がいかにビジネスを展開すべきかについて語った。

米ガートナー リサーチ部門バイスプレジデント兼フェローのハン・ルホン氏
(撮影:中尾 真二、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 「IoTやデジタル化が進む現在、多くの企業が自社の製品をインターネットに接続し、コネクテッド製品としようとしている。照明であればスイッチや明るさをスマートフォンから制御できるように、といった具合だ」と、ルホン氏は指摘。家電、自動車から医療や金融といったサービスまで、デジタル化、コネクテッド化の競争が始まっているという。

 ルホン氏は、ここに新たなビジネスモデル、競争相手が生まれているとみる。「企業は、これまで自社製品をデジタル化し、それをインターネットにつなぎ、スマートフォンなどのデバイスに機能やサービスを提供するAPIプラットフォームを利用すればよかった。ユーザーはこのエコシステム上で自社のアプリを使っていたが、ここにアマゾン、グーグル、アップルといった“デジタル・ジャイアント”が参入してきている」(同氏)のだ。

デジタル・ジャイアントがもたらす変化

 さらに、デジタル・ジャイアントが市場にもたらした変化について言及。アマゾンは音声認識機能付きデバイス「Amazon Echo」とAIエージェント「Alexa」によって、「消費者との最終的な窓口を押さえようとしている」(同氏)。

 消費者はメーカーや販売店のアプリやサイトではなく、Echoを経由してAlexaに「洗剤がない」というだけで、商品を注文できるようになる。アップルも、最新のアップデートで「Siri」のAPIを開放しサードパーティが音声認識エージェントを利用できるようにした。ルホン氏によれば、「クローズドマーケットで知られるアップルがこのような方針を打ち出したのは、EchoとAlexaの成功に触発されたからだ」という。

 消費者にとってはAlexa、Siri、そして「Cortana」と会話するだけで新しい体験やサービスが得られる。ただ、消費財を販売する企業などにとっては末端のチャネルやデータをデジタル・ジャイアントに押さえられた状態でもある。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら