アドビシステムズは2016年10月11日、国内で教員向けコミュニティサイト「Adobe Education Exchange(AEE)」の提供を開始した(写真1)。海外では2010年から提供しており、既に31万5000人以上の教育関係者がメンバーになっているという。「Photoshop」や「Illustrator」などで構成する「Creative Cloud」を活用した教材や教員向けの研修プログラムを共有して利用できるだけでなく、授業素材の共同開発、教員同士のアイデアの共有の場などとして活用できる。教員同士がグループを作って情報交換やオンライン研修をすることも可能である。

写真1●アドビシステムズが提供する教員向けコミュニティサイト「Adobe Education Exchange(AEE)」
[画像のクリックで拡大表示]

 アドビシステムズ マーケティング本部 副社長の木ノ本尚道氏は、「日本では、アクティブラーニングを実施するための教材、練習素材、研修など教育リソースが全般的に不足していると言われている。先生方が独自に制作されたり、探したりする一方で、これらを大規模に、日常的に共有する仕組みが存在していなかった」と述べ、教員が無料で登録できるAEEを国内提供することで、こうした教育リソースが共有できるようになると述べる。

 国内提供にあたり、奈良県教育委員会とライフイズテックが、体験授業のアイデアや授業素材をアドビシステムズとともに共同開発する(写真2写真3)。なお、奈良県教員委員会はアドビシステムズとCreative Cloudエンタープライズ版の包括ライセンス契約を結んでおり、同県の県立高等学校すべてでCreative Cloudを利用できる。教員が独自に開発した教材などをアップロードする際は、「クリエイティブ・コモンズ」の利用条件を示して提供する形をとる。アドビシステムズ側でも共有されるコンテンツなどについて、第三者に対する権利侵害がないかどうかを確認するとしている。

写真2●奈良県教育委員会とライフイズテックが、体験授業のアイデアや授業素材をアドビシステムズとともに共同開発
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●写真左からアドビ システムズ マーケティング本部 副社長の木ノ本尚道氏、奈良県教育委員会事務局 学校教育課 課長の深田展巧氏、ライフイズテック 代表取締役CEOの水野雄介氏
[画像のクリックで拡大表示]

 AEEに加入できるのは、初等・中等・高等教育機関の教職員や教職を目指す学生など。AEEの公式サイト(https://edex.adobe.com/jp)から加入・登録する。加入は無料だが、Adobe IDが必要となる。