プラスワン・マーケティングは2016年10月6日、都内で新製品発表会「FREETEL World 2016 Fall/Winter」を開催し、SIMカードの新サービスや新フラグシップスマホ「KIWAMI 2」などを発表した(写真1)。

写真1●FREETELが新商品・新サービス発表会を開催
[画像のクリックで拡大表示]

パケット繰り越しに対応、大容量プランも新設

 発表会には、プラスワン・マーケティング代表取締役社長の増田薫氏が登壇。「発表会前日には、ベトナム・ホーチミンで発売イベントに出席した。海外18カ国でスマートフォンを展開する。海外では今後1年間で300万台の販売を見込んでいる」と海外展開について語った(写真2、3)。

写真2●プラスワン・マーケティング代表取締役社長の増田薫氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●海外18カ国にスマートフォンを展開
[画像のクリックで拡大表示]

 国内事業については、「FREETEL製品の取り扱い店舗が1500店、SIMカードの即時開通に対応した店舗も150店を突破、全ての都道府県に展開している」と好調ぶりを語った。なお、東京ガスがFREETEL製品を販売するとの報道については、「協議を進めている」との回答にとどまった。

 格安SIMカード「FREETEL SIM」について増田氏は、「これまで各社ともにSIMカードの初期費用は3000円だった。だが、なぜ3000円なのか。もっと格安にできないか考えた」と切り出し、初期費用を299円にした「全プラン対応パック」を発表した(写真4)。

写真4●初期費用299円のパッケージを追加
[画像のクリックで拡大表示]

 パッケージにはSIMカードが同梱されず、オンラインでのユーザー登録やプラン選択後、SIMカードが配送され、利用可能になる仕組み。従来の「1年間0円キャンペーン」は適用されない。10月18日から販売開始する。

 店舗では即時開通可能なSIMカードのパッケージも従来通り3000円で販売し、こちらは0円キャンペーンの対象になるとしている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら