弥生は2016年10月6日、最新版のデスクトップアプリケーション「弥生 17」シリーズ7製品を10月21日に発売すると発表した。今年の年末調整から本格利用が始まるマイナンバーなどの法令改正に対応した。価格はオープン。

 給与製品では、業務手順・安全管理措置に対応し、従業員のマイナンバーをしっかり管理できる。また、マイナンバーの記載が必要となる新しい源泉徴収法に対応した。会計製品では、法人・個人事業主の消費税申告書、個人事業主の所得税確定申告書Bのマイナンバー記載に対応。なお、安全管理措置の観点から、個人事業主の事業所データにマイナンバーを入力しても保存されない。

 このほかにも、会計製品・販売製品では、2016年制定の消費税法改正に対応し、2019年施行予定の消費税率10%の自動計算、軽減税率8%の入力・税率別の自動集計に対応する。また、法令改正に関する情報や製品アップデートに関するお知らせを表示するマイポータル機能を用意した。

 ラインアップは、「弥生会計 17」(スタンダードの税込み直販価格は4万2120円)、「弥生給与 17」(同7万8300円)、「弥生販売 17」(スタンダードは同4万2120円)、「やよいの青色申告 17」(同1万2960円)、「やよいの給与計算 17」(同2万8080円)、「やよいの見積・納品・請求書 17」(同5400円)、「やよいの顧客管理 17」(同5400円)。弥生会計と弥生販売はネットワーク製品(「for SQL」3ライセンス24万円から)も用意した。

「やよいの青色申告 17」のパッケージ
(出所:弥生)
[画像のクリックで拡大表示]

弥生のWebサイト