マウスコンピューターは2016年10月6日、カメラに顔を向けるだけでログインできる顔認証カメラ「CM01」と、センサーに指でタッチするだけでログインできる指紋認証リーダー「FP01」を発売したと発表した。

 いずれもUSBポートを搭載したWindows 10パソコンで利用可能で、パスワードを入力せずログインできるWindows Hello機能に対応する。センサーに顔を向ける、指で触ると1秒以内で高速認識する。マルチユーザー対応で、家族やグループなどの共有パソコンでユーザーを識別できる。

 CM01は、カメラを顔に向けるだけでログインできる顔認証に対応したカメラ。赤外線カメラ(深度センサー)で顔の特徴を立体的に識別し、写真や映像によるなりすましを防ぐ。本体寸法は長さ53×幅135×高さ22mm、重さは約115g。ケーブル長は約1.5m。直販価格(税別、送料込み)は7980円。

CM01
(出所:マウスコンピューター)
[画像のクリックで拡大表示]

 FP01は、USBポート直挿しタイプの指紋センサー。センサー部分を指でタッチするだけで、360度どの方向からタッチしても指紋認証できる。USBポート装着時の飛び出しが約10mmで、ノートパソコン本体に挿したまま持ち運びできる。本体寸法は長さ21×幅14×高さ8mm、重さは約5g。直販価格は4980円。

FP01
(出所:マウスコンピューター)
[画像のクリックで拡大表示]

「CM01」の製品情報
「FP01」の製品情報
マウスコンピューターのWebサイト