ソニーモバイルコミュニケーションズは2016年10月6日、イヤホン型のスマートデバイス「Xperia Ear XEA10」を発表した。11月18日に国内の家電量販店やソニーストアなどで発売する。想定価格は2万円前後(写真1)。

写真1●Xperia Ear
(出所:ソニーモバイルコミュニケーションズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 これまで、2016年2月にスペインで開催されたモバイル関連の展示会「Mobile World Congress」など、海外の展示会で開発コンセプトを公開してきたものを、日本国内向けに正式発表した。スマートフォン以外にXperiaブランドを拡大する「Xperiaスマートプロダクト」の一つになる。

スマホへの通知を音声読み上げ、「返信」にも対応

 Xperia Earは、片耳に装着して利用するイヤホン型のデバイス。Androidスマートフォンとペアリングすることで動作し、インターネットとの通信機能はスマホ側を利用する。

 特徴として、スマートフォンに届いた通知を音声で読み上げる機能を備える。音声認識にも対応ており、ボイスを使ったインタラクションで様々な操作ができる。これらを組み合わせることで、スマホの画面を見ることなく音声対話で様々な機能を使う、ハンズフリー利用が可能になる(写真2)。

写真2●音声対話でさまざまな機能を利用できる
[画像のクリックで拡大表示]

 例えばSMSを送信する際には、Xperia Earを耳に装着した状態でボタンを押し、「田中さんにメッセージを送信」と話すと、電話帳に登録された人物から「田中さん」を検索し、メッセージを送信できる。

 メッセージの本文も、音声認識が使える。テキストデータに変換され、「○○というメッセージを送信します、よろしいですか」との確認が入り、承諾するとテキストメッセージが相手に送信される。

 また、ジャイロセンサーを搭載しており、Xperia Earを装着した状態で首を縦、または左右に振る動作を認識できる。これを利用して、メッセージ送信を確認するなどに、首を縦に振るだけで承諾できる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら