NECソリューションイノベータは2016年10月5日、熟練農家の農業技術を形式知化して継承するのを支援する「NEC農業技術学習支援システム」最新バージョンを10月5日から順次販売開始すると発表した。最新版では、学習コンテンツの作成を支援する「導入支援コンサルティングサービス」に加えて、蓄積された学習コンテンツを広く他の地域へ提供する「コンテンツ流通機能」を追加した。

システムの概要
(出所:NECソリューションイノベータ)
[画像のクリックで拡大表示]

 「アグリ・インフォマティクス」と呼ぶ、ITを活用した農業を支援するシステム。導入支援コンサルティングサービスは、熟練農家と非熟練農家の農作業の違いが「状態把握」と「判断」の違いによって生じるという考えに基づき、両者の作業を比較・分析して熟練農家の「状態把握」と「判断」のポイントを抽出し、学習コンテンツの作成を支援する。実際の栽培管理作業に合わせた有効性の高い学習コンテンツを作成可能という。

 コンテンツ流通機能は、同システムに蓄積された農業技術やノウハウを、同システムを利用する他の地域に提供する。自身の農業技術を後世に残したいと考える熟練農家が、離れた地域にも技術継承できるようになる。貴重な栽培ノウハウがさまざまな地域に流通することで、国内の栽培品質の向上に寄与することを目指す。

 コンテンツ流通機能を含むNEC農業技術学習支援システムのライセンス価格(税別)は月額7万円から(予価、初期費用が別途必要)。導入支援コンサルティングサービスは200万円から。今後3年間で50ユーザーへの導入を目指す。

[画像のクリックで拡大表示]

NECソリューションイノベータのWebサイト