米グーグルは2016年10月4日(現地時間)、新製品発表会を開催し、Androidスマートフォンの新製品「Pixel」や、VRプラットフォームDaydream対応のヘッドセット「Daydream View」を発表した。

 なお、いずれの製品も米国などでの発売を発表したが、日本での発売予定については言及しなかった。

「モバイルファースト」から「AIファースト」へ

 発表会には、米グーグルCEO(最高経営責任者)のスンダル・ピチャイ氏が登壇。「我々は、モバイルファーストの世界からAIファーストの世界へと移行している」と切り出した(写真1、2)。

写真1●米グーグルCEOのスンダル・ピチャイ氏
(画像は米グーグルのライブ中継より、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●「モバイルファーストからAIファーストへ」と宣言
[画像のクリックで拡大表示]

 ピチャイ氏はグーグルが果たす役割について、「人々はあらゆる場所で、より自然な方法でコンピューターと対話するようになる。そのすべての人々に向けて、個々人に最適化された個人用のグーグルを提供することが目標だ」と語った。

 AIがもたらした最新の成果として、画像を認識して説明を生成する「Image Captioning」の精度は、2014年には89.6%だったものが現在では93.9%にまで上昇。「人間が見て認識するのに近い、劇的な向上だ」(ピチャイ氏)と評価した。具体例としては、「写真に写っている熊を数える」といった場合に精度が向上したことを示した(写真3)。

写真3●AIによる「Image Captioning」の精度向上
[画像のクリックで拡大表示]

 翻訳については中国語から英語への翻訳の例を挙げ、「AIの進化により、人の手による翻訳に近いレベルにまで達している」(ピチャイ氏)と説明。テキストの音声読み上げ機能でも、より自然な会話に近づいていることを示した(写真4)。

写真4●機会翻訳の精度も向上
[画像のクリックで拡大表示]

 これらAIの進化は5月のイベント「Google I/O 2016」で発表したグーグルの人工知能bot「Google Assistant」にも反映されており、9月21日にリリースしたメッセージングアプリ「Google Allo」で利用できることを紹介。「Google Assistantをさらに活用できる2種類のデバイスとして、スマートフォンと家庭用スピーカーの新モデルを発表する」(ピチャイ氏)と語った。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら