キングジムは2016年10月4日、都内で新製品発表会を開催し、テキスト入力に特化したメモデバイス「ポメラ」シリーズの新製品「DM200」を発表した。10月21日に4万9800円(税別)で発売する(写真1)。

写真1●キングジムが「ポメラ DM200」を発表
[画像のクリックで拡大表示]

ポメラシリーズは30万台を突破

 発表会には、キングジム 開発本部長の亀田登信氏が登壇。ポメラシリーズについて、「2008年のDM10以降、テキスト入力ツールとして好評を博しており、販売台数は累積30万台を突破した」と紹介した(写真2)。

写真2●キングジム 開発本部長の亀田登信氏
[画像のクリックで拡大表示]

 これまでのポメラシリーズを振り返り、「当初はビジネスパーソンが持ち歩き、打ち合わせなどでメモを取るための製品としてスタートした。だが、その後は記者や小説家、芸能人といったユーザーにも愛用されている。しっかりした文章を書けるデバイスとして、コアなファンを獲得してきた」(亀田氏)と語った。

 新モデルの「ポメラ DM200」については、「コアなファンからの意見を採り入れ、ソフトウエア、ハードウエアの両面を強化することで、テキスト入力に磨きをかけた完成度の高い製品に仕上げた」(亀田氏)とした(写真3)。

写真3●ポメラ DM200(左)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら