Credit: Facebook

 米Facebookは現地時間2016年10月3日、ユーザー同士が品物を売買できる新機能「Marketplace」を発表した。当初は米国、英国、オーストラリア、ニュージーランドで提供する。iOSおよびAndroid版Facebookアプリケーションで利用できる。

 Facebookでは、これまでも販売機能を導入しているグループ内で品物の売買が可能だった。同社によれば、毎月4億5000万人以上が販売グループを訪れている。Marketplaceは、こうした売りたい人と買いたい人がいっそうつながりあえるようにするために設置したものだという。

 Marketplaceを利用するには、Facebookアプリケーションの画面下部にあるショップアイコンをタップする。

 Marketplaceを開くと、近隣のユーザーが売りに出している品物の画像が一覧表示される。「家電」「アパレル」といったカテゴリー別に閲覧したり、目当ての品物を検索して、場所、カテゴリー、値段で絞り込んだりできる。

 画像をタップすれば、品物についての説明、販売者の名前やプロフィール、おおよその住所を確認できる。購入を決めたら、Marketplaceを通じてメッセージを送信し、販売者に購入意向を知らせる。

 これ以降の交渉はユーザー同士で行い、Facebookは決済や配送などについ関与しない。

 品物を売りたい場合は、まず品物の写真を撮るか、カメラロールから選んで画像を用意する。商品名、概要、値段を入力し、場所を確認してカテゴリーを選び、投稿する。同時に特定の販売グループにも投稿できる。

 「Your Items」タブでは、売りに出している品物や、過去に販売した品物、それらに関してやりとりしたメッセージなどを確認できる。

 数カ月以内に、他の国にも提供を拡大し、デスクトップ版でも利用できるようにする計画という。

[発表資料へ]