無線通信機器メーカーの仏パロットは2016年9月29日、ドローン(無人飛行機)新製品を発表した。固定翼とプロペラを組み合わせて搭載した「Parrot Swing」と、物体を運搬できる「Parrot Mambo」だ。いずれもホビー用途を想定しており、10月中の発売を予定する。

写真1●JPAC 地域担当 バイス・プレジデント兼マネージング・ディレクターのクリス・ロバーツ氏。手に持っているのは「Parrot Mambo」(左)と「Parrot Swing」
[画像のクリックで拡大表示]

 Parrot Swingは、プロペラを利用して垂直に離着陸し、水平方向の移動時は機体を傾け、固定翼とプロペラを利用して飛行する。「固定翼とプロペラを搭載する製品を発売するのは初めて」(同社 JPAC 地域担当 バイス・プレジデント兼マネージング・ディレクターのクリス・ロバーツ氏)だという(写真1、2)。搭載する角速度センサーを利用して機体の姿勢を検知し、垂直と水平の飛行モードは自動で切り替える。

写真2●Parrot Swing。固定翼とプロペラをそれぞれ4枚搭載する
[画像のクリックで拡大表示]

 重量は73グラムで、最高速度は時速29キロメートル。飛行可能時間は最大8分で、充電に必要な時間は25分となっている。価格は1万7000円(税別)。

 Parrot Mamboは、4グラム以下の物体をつかめる持ち手(写真3)のほか、0.1ミリグラムのボールを発射できる「キヤノン」を搭載。重量は63グラムで、最高速度はParrot Swingと同じ時速29キロメートル。飛行可能時間は最大9分で、価格は1万5000円(税別)だ。

写真3●Parrot Mamboは4グラム以下の物体をつかめる持ち手「グラバー」を搭載する。写真ではピンポン玉を持っている
[画像のクリックで拡大表示]

 いずれの機体も、スマートフォン専用のアプリ「FreeFlight Mini」で操作できる。パロットは専用のコントローラー「Parrot Flypad」も発表。ボタンや操作用のスティックなどを搭載しており、スマホのアプリに比べて緻密な操作が可能だという。価格は5000円(税別)で10月に発売予定。