デルは2016年9月28日、都内で法人向けPCの新製品発表会を開催し、エントリー向けノートPC「Vostro」シリーズの新製品を発表した。コワーキングスペースを利用した発表会場では、Vostroシリーズがターゲットとするスモールビジネスにおける利用例を示した(写真1)。

写真1●デルが新「Vostro」シリーズを発表(コワーキングスペースでの利用例)
[画像のクリックで拡大表示]

PC市場全体が下落する中でデルは「非常に好調」

 発表会には、デル 執行役員 クライアント・ソリューションズ統括本部 統括本部長の山田千代子氏が登壇した(写真2)。

写真2●デル 執行役員 クライアント・ソリューションズ統括本部 統括本部長の山田千代子氏
[画像のクリックで拡大表示]

 最初に山田氏は、PC市場におけるデルの位置付けに言及し、「IDCのアジア・パシフィック地域における調査結果では、2016年第2四半期にデルの国内PC出荷台数は前年同期比で30%増加し、国内シェアは3位になった。市場全体ではマイナス1%と落ち込んでいる中で、非常に好調だ」と語った(写真3)。

写真3●デルはPC市場で非常に好調という
[画像のクリックで拡大表示]

 中堅中小企業向けのデスクトップPCでは22期連続でシェア1位、日経コンピュータの「顧客満足度調査 2016-2017」でもノートPC部門で1位になったことを挙げ、「理由として、サポートの良さが高く評価されている。障害が実際に起こる前に予防することに注力している」(山田氏)と語った。

 また、デル社内の数字としては法人向けPCの販売実績が2016年5〜7月期に前年同期比でデスクトップPCが28%、ノートPCが81%増加したとして、2-in-1モデルの販売開始などを理由に挙げた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら