ヤフーは2016年9月27日、2016年10月1日に移転する新本社を報道関係者に公開した。新本社は、東京・千代田区の東京ガーデンテラス紀尾井町内に設ける。オフィス設計に当たって重視したのは、「イノベーションを生み出す」こと。そのために、フリーアドレス制を導入する、あえて“歩きにくい”レイアウトを採用する、社外の人が自由に使えるスペースを設ける、などの工夫を盛り込んだ(写真1)。

写真1●ヤフー新本社の執務スペース
[画像のクリックで拡大表示]

 「イノベーションとは、既存のものを組み合わせて新しいものを生み出すこと」。本社移転のプロジェクトを率いる、ヤフー 副社長執行役員 最高執行責任者の川邊健太郎氏は話す(写真2)。無から有を生み出すのは“発明”で、ハードルは高い。だがイノベーションは、異なるものの出合いによって実現できる。これを促進するため、「情報やアイデアの交差点を各所に作った」(川邊氏)。

写真2●ヤフー 副社長執行役員 最高執行責任者の川邊健太郎氏
[画像のクリックで拡大表示]

 まず、従来の固定席を廃止してフリーアドレスに転換。各自が、12フロアある執務スペースのどこでも仕事ができる体制にした。さらに机の配置はあえて、ジグザグにした(写真3)。

写真3●ジグザグに配置された机
[画像のクリックで拡大表示]

 このレイアウトでは、オフィス内を移動しようとすればどこかの机に突き当たる。「あえて歩きにくくすることで、いろんな人との“摩擦”が生まれるようにした」(川邊氏)。異なる部署や役職の社員が日常的にコミュニケーションを重ねることで、これまでにないアイデアを創出する狙いだ(写真4、写真5)。

写真4●床に座って仕事ができる空間。通常と目線が変わることで発想が豊かになるという
[画像のクリックで拡大表示]
写真5●一人で集中したいときのための席も設けられている
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら