PHAB2 Pro(ファブツープロ)
(出所:レノボ・ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 レノボ・ジャパンは2016年9月27日、6.4型WQHD(2560×1440ドット)IPS液晶を採用した大型スマートフォン(ファブレット)「PHAB2 Pro(ファブツープロ)」を、11月下旬から予約販売を開始すると発表した。グーグルと共同開発した拡張現実(AR)機能「Tangoテクノロジー」を初搭載した。Web直販での予定価格は4万9800円(税別)。

 Tangoテクノロジーは、周囲の環境をマッピングする複数のカメラとセンサー、グーグルのソフトウエアを組み合わせたAR機能で、運動解析(モーショントラッキング)、奥行き認識、領域学習(エリアラーニング)の三つの中核技術により、空間における位置情報を検知し、周囲の環境をモデリングする。

 Qualcomm MSM8976オクタコアプロセッサーと64GBのストレージを搭載。画面には2.5D曲面ガラスを採用した。nanoSIMカードスロットを2個備え、SIMロックフリーに対応する。OSはAndroid 6.0。容量4050mAのバッテリーを内蔵し、約24時間の動作が可能。本体カラーはガンメタルグレー、シャンパンゴールド。本体寸法は幅88.57×奥行き179.83×高さ10.7mm、重さは約259g。

製品情報
レノボ・ジャパンのWebサイト