RecoveryUSBメモリ
(出所:ハギワラソリューションズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ハギワラソリューションズは、USBメモリータイプの組み込みOS向けリカバリー専用メディア「RecoveryUSBメモリ」を2016年9月下旬に発売する。DVDよりも大容量のため複数枚のDVDメディアを交換する手間なく、USB 3.0な高速なデータ転送速度でリカバリー時間を短縮できる。価格はオープン。

 光学ドライブとして認識される独自の特許技術を採用したUSBメモリーで、光学ドライブ非搭載のPCにOSをインストールできる。マイクロソフトの組み込み向けOSの利用許諾が改正され、ライトワンスのUSBメモリーでのリカバリー作成が許可されたため製品化した。

 MLCタイプのNANDフラッシュメモリーを採用。一般的なUSBメモリーで多く使われるTLCタイプと比べてデータ書き換え耐性やデータの保持性能に優れ、長期間安心して使用できる。リカバリーデータの書き込みは専用ソフトを使用する。

 リカバリーディスクとして使用するライトワンスの「RecoveryUSB-R」と、リカバリーデータ検証用の書き換え可能な「RecoveryUSB-RW」の2モデルをラインアップした。いずれも容量8G/16G/32Gバイトの3種類。本体寸法は幅17.0×奥行62.1×高さ10.0mm。

 専用ソフトは、無償ダウンロードできる「RecoveryUSB Writer」と、ログ保存機能や最大8台同時書き込みなどなどが可能な有償版「RecoveryUSB Kitting Tool」の2種類。対応書き込みイメージファイルはISO 9660、ISO 9660+Joliet、UDF1.02。対応OSはWindows 7/8.1/10。

 RecoveryUSB-Rの予想実勢価格は、容量8Gバイトが3000円前後、16Gバイトが4000円前後、32Gバイトが6000円前後。RecoveryUSB-RWは、8Gバイトが1万円前後、16Gバイトが1万1000円前後、32Gバイトが1万3000円前後。RecoveryUSB Kitting Toolは、10万円前後。

ハギワラソリューションズのWebサイト