ビットコイン決済サービス「coincheck」を運営するレジュプレスは2016年9月26日、LPガス事業者である三ッ輪産業の子会社で小売電気事業者のイーネットワークシステムズ(ENS)と電気事業に関して業務提携したと発表した。11月初旬に、電気代をビットコインで支払える「coincheckでんき」を開始する。9月26日から事前受付を開始する。

ライトユーザー向けプランは電気代削減分をビットコインで還元
(出所:レジュプレス)
[画像のクリックで拡大表示]
ヘビーユーザー向けプランは電気代をビットコインで支払える
(出所:レジュプレス)
[画像のクリックで拡大表示]

 電気料金は、既存の一般電気事業者のプランよりも4~6%程度安いという。ビットコインのライトユーザー向けとヘビーユーザー向けにそれぞれプランを用意した。

 ライトユーザー向けプランは、電気料金と支払方法は今までの電力会社と同一で、4~6%の削減電気代をビットコインで還元する。還元分のビットコインがcoincheckウォレットに貯まる。一方、ヘビーユーザー向けプランは、電気代をビットコインで支払える。

 coincheckでんきを供給するENSは、国内17地点の発電所と、世界22カ国で電力事業の実績がある丸紅グループの電力会社「丸紅新電力」と提携し、電力を供給する。供給エリアは関東、関西、中部エリアで、今後順次エリアを拡大する予定。

 coincheckでは今後、電気代だけでなく、ガス代、水道代、携帯電話代などもビットコインで支払えるようにするという。具体的には、三ッ輪産業グループのLPガス、電気、宅配飲料水についてビットコインでの決済を可能にする。さらに、三ッ輪産業グループ以外の提携パートナーも増やす予定である。