韓国サムスン電子は2016年9月21日、韓国ソウルで開催している自社イベント「Samsung SSD Global Summit 2016」を開催。基調講演の中で、コンシューマー向けのM.2フォームファクターのSSDの新製品として「960 PRO」および「960 EVO」を発表した。いずれも対応インタフェースは、PCI Express 3.0 x4で、NVMe 1.2に対応する。

「960 PRO」および「960 EVO」の発表は「Samsung SSD Global Summit 2016」の基調講演で行なわれた。
(撮影:鈴木 雅暢、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

2Tバイトモデルも擁するハイエンドの960 PRO

 960 PROは、従来の950 PROの後継となるハイエンド製品。新開発の「Polaris」コントローラーと第3世代のMLC(マルチ・レベル・セル) V-NANDを実装し、シーケンシャル(順次)リードは最大3500Mバイト/秒、シーケンシャルライトは最大2100Mバイト/秒、4Kバイトランダムリードは最大44万IOPS、4Kバイトランダムライトは最大36万IOPSというコンシューマー向けとしては高い性能を有する。容量ラインアップは512Gバイト、1Tバイト、2Tバイトが用意されており、出荷価格はそれぞれ329米ドル、629米ドル、1299米ドル。

展示会場にて展示されていた960 PRO。
[画像のクリックで拡大表示]
960 PROのスペック。
[画像のクリックで拡大表示]

 960 EVOは、メインストリーム向けの850 EVOの後継として位置付けられるモデル。同社のコンシューマー向けのメインストリームモデルとしては初めてM.2フォームファクターおよびPCI Express 3.0 x4、NVMe(NVMe 1.2)に対応した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら