ヤマハは2016年9月20日、無線LANアクセスポイントの新製品で、ギガビット無線LAN規格「IEEE 802.11ac wave2」に準拠したフラッグシップ製品「WLX402」を発表した。最大1.7Gビット/秒で通信できる。価格(税別)は9万9800円で、2016年11月に販売開始する。

WLX402の外観
(出所:ヤマハ)
[画像のクリックで拡大表示]

 無線LANアクセスポイントの最上位機種である。特徴は、最新の無線LAN規格であるIEEE 802.11ac wave2に準拠したこと(関連記事:無線LANは新たな高速ステージへ「802.11ac Wave 2」とは)。2016年4月に出荷した「WLX202」(3万9800円)ではIEEE 802.11ac wave1に準拠していたが、今回さらに最新の規格とした機種を追加した形である。

 WLX402の主なスペックは以下の通り。5GHz帯(最大1.7Gビット/秒)と2.4GHz帯(最大300Mビット/秒)を同時に使用できる。5GHz帯と2.4GHz帯でそれぞれ50台、合計100台の端末を接続できる。無線LANの最大転送速度を生かすためにLAN側ポートとしてギガビットポート(1000BASE-T)を2個備えており、2ポートを束ねるリンクアグリゲーションが可能である。

 運用に役立つ機能として、DHCPサーバー/クライアント機能、NTPクライアント機能、SNMPによる管理、Telnet/TFTP/Web設定画面による設定内容のダウンロード/アップロード、コンソールポート(RJ-45)からのコマンド設定、USBポート(設定保存用USBメモリー)、などの機能を備える。RADIUS認証サーバー機能と、デジタル証明書を発行可能な認証局(CA)機能も搭載している。

 複数台の無線LANアクセスポイントの設定を一元管理する無線LANコントローラー機能も搭載している。コントローラーとして設定したWLX402から、最大49台の無線LANアクセスポイントを設定・管理できる。さらに、無線LANコントローラーに設定したWLX402のUSBポートにUSBメモリーをさしておくことで、管理下にある無線LANアクセスポイントのログをコントローラーに集約できる。

無線LANコントローラーの設定画面
(出所:ヤマハ)
[画像のクリックで拡大表示]

 無線の電波を有効活用するために、反射板を標準添付している。反射板をWLX402の本体に取り付けることで、送信時はアンテナが裏面に放射した電波を前側へ反射させ、本体後ろ側への電波を有効に前側へ放射する。受信時には、アンテナが受信できなかった電波を反射板でアンテナ方向へ反射させ、受信電力を増大させる。状況に応じて指向性または無指向性の外部アンテナも利用できる。

 外形寸法は、幅232×高さ45×奥行き272ミリメートルで、重さは本体が1.2キログラム。別売りの電源アダプターの重さは300グラム。別売りのPoEインジェクターを使えばPoE給電も可能。本体の設置方法は、平置き、壁掛け、天井設置、VESA規格スタンド取り付けのいずれか。