NTTドコモは9月16日午前8時、米アップルのスマートフォン(スマホ)「iPhone」の新機種「7」と「7 Plus」の販売を始めた。ドコモショップ丸の内店(東京・千代田)での発売記念イベントに出席した吉沢和弘社長は「事前予約は昨年よりも多い」と好調な滑り出しを強調した(写真)。

写真●新型iPhoneの発売イベントに出席したNTTドコモの吉沢和弘社長(中央)
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモとKDDI(au)、ソフトバンクの携帯大手3社は端末の品ぞろえや料金プランが似通い「同質化」が進んでいる。吉沢社長は今回のiPhone商戦について「当社が消費者に訴求するポイントは2つある。データ通信の高速化と非接触決済だ」と語った。

 同社は今年6月、スマホのデータ通信速度を従来より2割以上速い最大375Mbpsに高めた。ただ、高速化の恩恵を受けるためには端末側の対応が必要になる。iPhoneシリーズでは、今回のiPhone 7/7 Plusが最初の対応機種だ。「当社が磨いてきた国内最速のネットワークで、高精細な映像コンテンツを楽しんでほしい」(吉沢社長)。

 iPhone 7/7 Plusの非接触決済機能は新たに、日本で普及している「FeliCa(フェリカ)」に対応した。これで「(NTTドコモが展開するFeliCa端末用のクレジット決済サービス)『iD』も使えるようになり画期的に利便性が高まる」(吉沢社長)。同社は2年前にFeliCa対応チップを組み込んだiPhoneの外付け機器「おサイフケータイ ジャケット01」を販売するなど、iPhone利用者がiDを使える環境づくりに腐心してきた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら