日立システムズは2016年9月13日、「ドローン運用統合管理サービス」の販売を開始した。ドローンの操縦や撮影の代行、撮影した画像の加工と分析、クラウドを活用したデータの保管と管理、さらに業務システムとのデータ連携を支援する。同サービスの導入によって、ドローンを活用した業務の効率化や業務革新、デジタル化が図れるとしている。

ドローン運用統合管理サービスの概要
(出所:日立システムズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 2016年度の販売対象業種は、3次元測量データの活用などでニーズがある建設業向け、野積み保管している鉱物原料などの在庫量の計測を効率化したい鉱山・プラント向け、太陽光発電設備や各種電気設備の点検・管理を効率化したい電力・ガス会社向け、など。2017年度以降は、金融・保険業向け、インフラ分野向け、運輸・物流業向けなどにもドローンを活用した事業を推進、拡販する。これらによって、2018年度に45億円の売上を目指す。

 同サービスでは、要望に応じて、ドローンの操作に習熟したエンジニアが空撮を代行する。ユーザー企業みずからドローンを使って空撮するためには、多くの準備時間や経験が必要となるという。同サービスを利用することで、自社に機体や操縦経験が無くても空撮業務を行えるようになる。

 撮影データを加工したり活用したりする機能をクラウドサービスとして提供する。例えば、3次元画像を生成するデータ加工機能、同じポイントで撮影した画像の変化を自動解析して異変や劣化を察知する診断機能、世代管理による過去データとの差分抽出といった機能を提供する。

 撮影データや加工後の3次元画像などを保管したり世代管理したりするための大容量のストレージもサービスとして提供する。日立システムズのデータセンターや、同社のパートナー企業が提供するクラウドサービスを連携させ、管理ポータル画面を通じて利用できるようにする。

 参考価格(税別)は、以下の通り。ドローンの操作・撮影は、5万平米(200メートル×250メートル)以上で1回当たり30万円から、40万平米(200メートル×2000メートル)以上で1回当たり60万円から。撮影精度や環境によって変動するため、詳細は個別見積もり。撮影データの保管は、初期費用が5万円から、運用費用は100Gバイトで月額5万円から。