セゾン情報システムズは、2016年9月9日、ミッションクリティカルな領域でのIoT(インターネット・オブ・シングズ)デバイスを対象とするデータ連携ミドルウエア「HULFT(ハルフト) IoT」を9月16日に販売開始することを発表した。月額定額料金で提供する。通常サポートの標準価格が月額10万円(税別)、24時間サポートが月額20万円(税別)。ともに接続Agent数は100単位。

ミッションクリティカルな領域でのIoTデバイスとのデータ連携に

 同社は、ミッションクリティカルな領域では、安全性、確実性、秘匿性と高速なデータ転送が求められるとする。しかし、HTTPS、MQTTなどのプロトコルでは、データ欠落が起こり、確実なデータ転送が行われない可能性がある。そのためデータ欠落が許容される領域で活用されてきた。

 しかしIoTが普及し、機器のリモート監視、ヒトやモノの移動や輸送の位置追跡、防犯、決済などミッションクリティカルな領域での利用が広がると、IoTにおいても安全性、確実性の高いデータ転送が必要とされる。

セゾン情報システムズ常務取締役CTO(最高技術責任者)兼アプレッソ代表取締役社長の小野 和俊氏
(撮影:大類 賢一、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 これまでUNIX、Windowsなどを対象としてきたデータ連携ミドルウエア「HULFT」は、同社によると銀行や自動車などの業界で実績を持ち、ミッションクリティカルな領域においては日本、アジアで1位、世界では4位のシェアを持つという。

 HULFT IoTは、「HULFTの品質をIoTデバイスとサーバー(クラウド)の間のデータ連携に提供するものとして開発した」(同社)という。IoTデバイスからサーバーへデータ送達を保証する信頼性、ネットワークエラーを検知し、転送が失敗した際には再送信する「自動化」などが特徴だという。

 またデータを圧縮して転送することで通信コストを大幅に抑える。工作機械からデータを収集する実証実験では、約10Gバイトのデータを、20分の1である約0.5Gバイトに圧縮して送信。通信料を削減したうえ、転送時間も短縮できたという。

IoTデバイス側のAgentとクラウド上のManegerから構成

 HULFT IoTは、IoTデバイス側に導入するAgentとクラウド上で管理するManegerから構成される。

各IoTデバイスのAgentからクラウド上のManegerにデータを転送し、Manegerからは各デバイスを一括管理できる。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら