ZTEジャパンは2016年9月9日、都内で新製品発表会を開催し、SIMロックフリースマートフォンの新製品「BLADE V7 MAX」を発表した(写真1)。

写真1●ZTEジャパンが「BLADE V7 MAX」を発表
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 BLADE V7 MAXは、5.5型ディスプレイを搭載したコストパフォーマンス重視のモデル。9月22日に3万4800円(税別)で発売する(写真2)。

写真2●BLADE V7 MAX(左からシルバー、ゴールド色)
[画像のクリックで拡大表示]

LTE+3Gのデュアル待ち受けに対応、ポケモンGOも快適

 BLADE V7 MAXの詳細は、ZTEジャパン プロダクトマーケティング・ディレクターの吉本晃氏が解説した(写真3)。

写真3●ZTEジャパン プロダクトマーケティング・ディレクターの吉本晃氏
[画像のクリックで拡大表示]

 吉本氏はZTEの製品ラインアップについて、「皆さんに手に取っていただけるものをまずは出していき、徐々にステップアップしていきたい」と紹介。ハイエンドの「AXON 7」や、ドイツで開催された見本市「IFA 2016」で日本発売を発表した「AXON 7 mini」については、「本日は発表しないが、こうご期待を」との説明にとどめた(関連記事:ZTEがオーディオ重視のスマホ「AXON 7 mini」発表、日本でも発売)。

 BLADE V7 MAXの特徴として吉本氏は、「デザイン」や「デュアル待ち受け」、「指紋センサー」や「カメラ」機能を挙げた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら