欧州SAP傘下の経費管理クラウドサービスベンダーであるコンカーは2016年9月8日、新たにぐるなびやパーク24などと同社サービスを連携することを発表した。企業の従業員の会食接待やレンタカー利用、日常的な移動などの経費を、スマートフォンなどを使って自動的に精算できるようにする。今秋から順次サービスを開始。コンカーは今後も連携サービスを順次増やす。

「企業の経費の中で間接費は手付かず。だからこそ削りしろが大きい」と話す三村社長
[画像のクリックで拡大表示]

 「企業が筋肉質になる鍵の一つが間接費改革だ。スマートフォンなどのITで間接費処理を自動化することで、従業員と管理部門は煩わしさから解放され、経営層はコストを大きく削減できる」。コンカーの三村真宗社長は、こう意義を述べた。

 コンカーは交通費などの領収書をスマホで撮影して、経費精算を自動的に実行するクラウドサービスなどを提供している。9月7日には名刺管理サービスのSansan、経路検索サービスのヴァル研究所との連携によって、電車代などの近隣交通費に関する自動化サービスを提供すると発表済みだ(関連記事の発表資料へ)。

接待の支払い不要、「食べたら帰る」

 新たにぐるなび、パーク24、サイボウズなどとの連携を発表した。ぐるなびとの間では、企業の会食接待に関する業務と経費精算を自動処理するサービス「パーフェクト接待」を、2017年春に始める。ぐるなびの会員企業の社員が電話やネットで飲食店を予約すると、支払いをぐるなびが代行。予約した社員は店で支払いをする必要はなく、「食べたら帰る」(ぐるなびの本橋勉 常務執行役員)。

ぐるなびとコンカーの連携の仕組み
(出所:コンカー)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら