出所:Apple
[画像のクリックで拡大表示]

 米Appleは現地時間2016年9月7日、腕時計型ウエアラブル端末(スマートウオッチ)「Apple Watch」の次世代モデル「Apple Watch Series 2」を発表した。50mの耐水性やGPS搭載により、フィットネスおよび健康関連の機能を拡充した。米国、日本、中国など25カ国以上で9月9日より注文を受け付け、9月16日に販売を開始する。

 Apple Watch Series 2は、腕に装着したまま泳いだり、サーフィンをしたり、あるいは単にプールで遊んだりできる。水泳に関しては、人口のプールと海など自然環境の2通りにおいて、何時間にもわたって調査を繰り返したという。ラップタイムの測定、ラップ平均速度の追跡、ストロークタイプの自動判断により、燃焼カロリーの正確な計算が可能という。

 GPS機能を内蔵したことで、「iPhone」を携帯しなくても、ウオーキングやランニング、サイクリングといった屋外でのワークアウトの際により正確な距離や速度を記録できるようになった。

 新しいデュアルコアチップ「S2」を搭載し、従来モデルより処理速度は最大50%向上。新しいGPUによりグラフィックス性能が2倍になった。また、従来より2倍明るいディスプレイを搭載する。

 軽量アルミニウムまたはステンレススチール製ケースと様々なバンドから選べるApple Watch Series 2は、OSに「watchOS 3」を搭載し、希望小売価格は369ドル(日本では税別3万7800円)から。

 オリジナルの軽量アルミニウムApple WatchをS2プロセッサにアップグレードした「Apple Watch Series 1」も9月16日にリリースする。スポーツバンドとの組み合わせで希望小売価格は269ドル(日本では税別2万7800円)から。

 また、高級エディション「Apple Watch Edition」に新たにセラミックケースが加わる。希望小売価格は1249ドル(日本では税別12万5800円)から。

 さらに、米Nikeとのコラボレーションモデル「Apple Watch Nike+」も用意する。Apple Watch Series 2と同様の機能を備え、ランニングに特化したアプリケーションを統合する。希望小売価格は369ドルから(日本では税別3万7800円から)。

 フランスHermesとのコラボレーションでも、新デザインを追加した。希望小売価格は1149ドル(日本では税別11万8800円)から。

 なお、watchOS 3は9月13日に無償アップデートの配信を開始する。

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]
[発表資料(3)]