iPhone 7(右)とiPhone 7 Plus(左)
出所:Apple
[画像のクリックで拡大表示]

 米Appleは現地時間2016年9月7日、「iPhone」の新モデル「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」を発表した。Apple独自開発の「A10 Fusion」クアッドコアプロセッサを搭載し、パフォーマンスを向上したほか、カメラ機能を強化した。9月9日より予約注文を受け付け、9月16日に米国や日本を含む25カ国以上で発売する。

 ディスプレイはサイズと解像度とも「iPhone 6s」および「iPhone 6s Plus」と同様で、1mm薄くなるとの噂もあったが本体寸法もまったく変わっていない。しかしiPhone初の耐水・防塵など、内容面で強化を図っている。

 1200万画素のメインカメラは光学手ぶれ補正機能を搭載し、より高精細な静止画および動画の撮影を可能にする開口部f1.8の6層レンズを採用する。

 iPhone 7 Plusでは1200万画素の広角カメラに加えて1200万画素の望遠カメラも搭載し、光学2倍ズーム、デジタルで最大10倍ズームが可能。年内には被写界深度エフェクトを利用できるようになり、デジタル一眼レフカメラでしか撮れなかったようなポートレートも撮れるという。

 iPhone 7および7 Plusともに、Appleの独自開発によるISP(画像信号プロセッサ)を採用し、従来より50%明るいクアッドLEDの「True Tone」フラッシュを備える。自撮り用の「FaceTime HD」カメラは700万画素に強化した。

 複数のステレオスピーカーを内蔵し、従来より音量・音質が向上。イヤホンジャックがなくなり、Lightningコネクタ対応のイヤホン「EarPods」が付属する。従来のイヤホンを接続するためのアダプターも同梱する。

 カラーは従来のスペースグレイに代わり、ツヤ加工のジェットブラックとマット加工のブラックを追加する。シルバー、ゴールド、ローズゴールドと合わせて5色展開となる。

 IP67等級の耐水・防塵性を備え、ホームボタンは「Taptic Engine」を実装した。

 ストレージ容量は32Gバイト、128Gバイト、256Gバイトの3種類で、ジェットブラックは128Gバイトと256Gバイトモデルのみ。「iOS 10」を搭載し、希望小売価格はiPhone 7が649ドル(日本では税別7万2800円)から、iPhone 7 Plusは769ドル(日本では税別8万5800円)から。

 第1弾リリースから1週間後の9月23日に、さらに約30カ国で販売を開始する。10月7日にインド向けに投入する。

 またAppleは、別売りの無線イヤホン「AirPods」を発表した。Apple独自の「W1」チップを搭載する。内蔵センサーにより、ユーザーがイヤホンを装着しているか認識し、音楽を再生および停止する。ダブルタップで「Siri」にアクセスできる。10月後半に発売する。米国での希望小売価格は159ドル(日本では税別1万6800円)。

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]