サイバーソリューションズは2016年9月6日、自治体などに向けて、メールサーバーソフト「CyberMail」が備えるメール無害化機能を強化すると発表した。新たに、添付ファイルを画像イメージに変換する「添付ファイル画像変換転送機能」を追加し、2016年12月に提供を開始する。

添付ファイル画像変換転送機能の概要
(出所:サイバーソリューションズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 CyberMailは、メールを無害化する機能を備えたメール中継サーバーソフトである。インターネットから受け取ったメールを、添付ファイルや危険なURLリンクを外してから庁内LANや社内LAN上にあるメールサーバーに転送する。オリジナルメールは、CyberMailが備えるWebメール機能を使って参照できる。

 添付ファイルを削除しつつ、添付ファイルの中身が分かるようにする工夫を凝らしている。具体的には、オフィス文書などの添付ファイルからテキスト情報を抽出し、これをメール本文の末尾に貼り付ける機能を持っている。これにより、どんな内容の添付ファイルが付いていたのかを把握できる。

 今回の機能強化では、添付ファイルを画像イメージに変換して再添付する機能を追加する。例えば、Word文書をWordで開いた時の視覚イメージを、画像として閲覧できるようになる。これにより、添付されていた文書ファイルの内容を、テキスト情報よりも視覚的に分かりやすく把握できる。