データセンター事業やクラウド事業を手掛けるIDCフロンティアは2016年9月6日、オールフラッシュストレージを採用したプライベートクラウドサービス「IDCFプライベートクラウド」を発表()。同日より受注を開始した。

図●IDCFプライベートクラウドの利用イメージ
出所:IDCフロンティア
[画像のクリックで拡大表示]

 IDCFプライベートクラウドは、ベンダー側がサーバーなどを所有して管理運用するホステッド型のプライベートクラウドサービスだ。HDD(ハードディスクドライブ)とSSD(ソリッドステートドライブ)の併用型だった従来のプライベートクラウドサービスを刷新し、ストレージは全てSSDを利用する。読み書き性能は従来比で最大5倍の向上を見込んでいる。

 SSDはヴイエムウェアのストレージ仮想化(SDS、ソフトウエア・デファインド・ストレージ)製品である「VMware Virtual SAN(VSAN)」で仮想化している。SSDの利用台数を拡張したい場合、無停止で増設可能だ。同社によると「ホステッド型プライベートクラウドでオールフラッシュとSDSを採用したのは国内初」という。

 今回の刷新と併せて、データセンター内ではネットワーク構成にレイヤー3(L3)を使い、オーバーレイ方式でレイヤー2(L2)接続する技術である「IPファブリックネットワーク」を採用した。これにより、同一ネットワーク内に置いたサービスや同社のパブリッククラウドサービス「IDCFクラウド」と「広帯域かつより簡単に接続できる」(同社)とする。

 最小構成はCPUが14コア、メモリー容量が256Gバイトのx86サーバーが6台で、SSDの容量は約9Tバイト相当となる。料金は初期費用が無料で月額98万円(税別)から。SSDはRAID6相当の機器構成になっており、物理的に2台が同時故障してもデータを守れる。