工作機械大手のファナックは2016年8月29日、製造業向けIoT活用プラットフォーム「FANUC Intelligent Edge Link and Drive system」(以下、FIELD system)に参画するパートナー企業向けイベント「FIELD system Partner Conference」を開催した。約200社のパートナー企業に向けて、API(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)を公開する。パートナー企業は、FIELD systemを使ったアプリケーションを開発できる。

 登壇したファナック代表取締役会長 兼 CEO(最高経営責任者)の稲葉善治氏は、「IoT(インターネット・オブ・シングズ)の普及などにより、製造現場にIT革命が起こりつつある。複数の工場やロボット、サプライヤーがネットワークを通じてつながり、生産性の向上や全体最適化を実現できる」と話した(写真1)。

写真1●ファナックの稲葉会長
[画像のクリックで拡大表示]

 FIELD systemはファナックが2016年4月に、米シスコシステムズ、ファクトリーオートメーション(FA)大手の米ロックウェル・オートメーション、Preferred Networks(PFN)と協業して開発を進めているソフトウエア製品群。IoTを駆使して生産設備を制御し、生産工程の効率化や自動化を実現する。7月には、NTT、NTTコミュニケーションズ、NTTデータとも協業して開発を加速させてきた。

 FIELD system Partner Conferenceには、利用企業としてトヨタ自動車、日産自動車などが、アプリケーションデベロッパーとして三井物産などの企業が参加した。FIELD systemのシステムインテグレーションを担う「トータルインテグレーションパートナー」は9社で、日立製作所や富士通などが含まれる(写真2、3)。

写真2●約200社がパートナー企業として参加する
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●「FIELD system Partner Conference」の様子
[画像のクリックで拡大表示]