画面イメージ(日本語)
出所:ピープルソフトウェア、富士通
[画像のクリックで拡大表示]
画面イメージ(英語)
出所:ピープルソフトウェア、富士通
[画像のクリックで拡大表示]

 ピープルソフトウェアと富士通は2016年8月1日、京都の文化や工芸品を展示した京都伝統産業ふれあい館(ふれあい館)で、展示物を音声でガイドするスマートフォンアプリ「京都伝統産業ふれあい館音声ガイダンス」の実証実験を8月1日~12月28日に実施すると発表した。

 スマートフォンにあらかじめアプリをダウンロードしておくことで、館内に設置されたビーコンで位置を特定し、適切な場所で展示物の音声ガイドを再生できるようになる。ダウンロードアプリのため、通信環境に依存せず安定した音質で聞くことができる。受話器のスピーカーで聞けるためイヤホンが不要。画面上にテロップも表示するため、耳の不自由な人でも利用できる。

 言語は日本語と英語を選択できるため、訪日外国人などインバウンド需要にも対応する。スマートフォン未所有者向けに端末の貸出も行う。ピープルソフトウェアの音声ガイドシステム「MUSENAVI(ミューズナビ)」をベースに開発した。

 スマートシティ京都研究会の取り組みの1つである京都市岡崎地区活性化に向け、京都市および京都伝統産業ふれあい館を運営する京都伝統産業交流センターと連携して実施する。富士通は、スマートシティ京都研究会の一員として、これまでもエネルギーや防災、観光の分野で様々な提案を行っているという。

「京都伝統産業ふれあい館音声ガイダンス」紹介ページ
ピープルソフトウェアのWebサイト
富士通のWebサイト