ライフカードは2016年8月1日、ビットコインをライフカードのVISAプリペイドカード「Vプリカ」()に交換する新サービスを同日付でウォルトが開始したと発表した。ウォルトはビットコインのライトユーザー向けサービスを提供する会社で、今回初めてビットコインを他の交換先に変換するサービスを開始した。

図●VISAプリペイドカード「Vプリカ」のイメージ
出所:ライフカード(実際のプラスチックカードは発行されない)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回ウォルトは、ビットコインの新サービスとして、ウォレット(財布)サービスの「WALT」を開始した。ビットコインを保有するユーザーは、WALTのWebページでVプリカへの交換を申請できる。日本国内におけるビットコインの利用先は、換金や一部店舗での利用に限られているため、Vプリカに交換することでビットコインユーザーの利便性を高められる。

 WALTの画面上にVプリカ発行用の発行コードが表示されるので、これをVプリカ会員専用ページに入力することで、Vプリカのカード番号、有効期限、セキュリティコードを入手できる。交換可能なVプリカは、1000円分、3000円分、5000円分、1万円分の4券種。

 Vプリカとは、オンラインショッピングにおいてクレジットカードと同様に使える、プリペイド(前払い型、使い切り型)のカード番号である。VISAのクレジットカードが使える世界中のEC(電子商取引)サイトで利用できる。