ヤマト運輸 代表取締役社長の長尾裕氏(右)と、DeNA 代表取締役社長兼CEOの守安功氏(左)
[画像のクリックで拡大表示]

 DeNAとヤマト運輸は2016年7月20日、自動運転やGPS追跡、経路最適化などの技術を活用した次世代物流サービスの開発プロジェクト「ロボネコヤマト」の共同実施で合意したと発表した。

 買い物先や勤め先など、顧客がスマートフォンで指定した時間、場所で荷物を受け取れるオンデマンド型配送サービスを試験的に提供し、サービスのニーズを探る。

開発プロジェクト「ロボネコヤマト」のロゴ
発表資料より
[画像のクリックで拡大表示]

 2017年3月から「オンデマンド配送サービス」と「買い物代行サービス」の2種類のサービスについて、実際に顧客を対象としたエリア限定の実用実験を1年間行う。サービスの詳細は今後詰めるが、オープンなプロジェクトとして他の事業者の参画も視野に入れる。

 基本的には、ヤマト運輸のドライバーが運転する車両でサービスを提供する。DeNAはヤマト運輸と共同で、スマートフォンアプリやGPS追跡、最適経路計算などのシステムを開発する。DeNAとZMPとの合弁会社であるロボットタクシーが開発する最適経路計算などの技術を一部利用する。

宅配車のイメージ
発表資料より
[画像のクリックで拡大表示]
ロボネコヤマトのスケジュール
発表資料より
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら