インターネット接続車「RX5」の内部
(出所:中国Alibaba Group)
[画像のクリックで拡大表示]

 中国Alibaba Group(阿里巴巴)は現地時間2016年7月6日、中国自動車メーカーSAIC Motor(上海汽車)と共同開発したインターネット接続車「RX5」を発表した。Alibabaが運営するオンラインショッピングモール「Tmall(天猫)」で予約注文を受け付けている。

 SUV(スポーツ型多目的車)タイプのRX5は、Alibabaの独自OS「YunOS」を搭載する。YunOSは、スマートフォンやタブレット端末、冷蔵庫や空調といったスマートホーム家電向けにも開発されている。

 サードバーティーのソフトウエアやアプリケーションを通じてインターネットに接続する車はすでに存在するが、Alibabaは「すべての車が大規模なIoT(モノのインターネット)エコシステムの一部であるスマートデバイスとなって、ユーザーの利便性を高めるためにデータ収集やデータ交換を行えるようにしたい」と述べている。

 RX5は、Alibaba傘下のオンライン決済サービス「Alipay」と連動し、駐車場やガソリンスタンド、コーヒーショップなどでの支払いを手軽に済ませられるという。各ドライバーは固有のIDを持ち、YunOSがドライバーを認識すると、好みに合った音楽、車内温度、近くのレストランなどを提示する。

 カーナビゲーション機能や音声対応の操作機能を備え、3つのLEDスクリーンと取り外し可能な360度カメラを装備する。

 RX5の販売価格は14万8800人民元(約224万円)から。引渡し時期は8月を見込んでいる。

[発表資料へ]