写真●名札型ウエアラブルセンサーの利用イメージ
(提供:日立製作所)
[画像のクリックで拡大表示]
図●スマートフォン画面の表示例(アドバイスと行動ログ)
(提供:日立製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 日立製作所は2016年6月27日、人工知能を活用し、働く人の幸福感の向上に有効なアドバイスを各個人の行動データから日々自動的に作成する技術を開発したと発表した。日立グループの営業部門約600人を対象に、6月に実証実験を開始した(写真)。

 各個人の大量の行動データを名札型ウエアラブルセンサーから取得、人工知能で分析し、職場でのコミュニケーションや時間の使い方など、一人ひとりの幸福感の向上につながる行動についてのアドバイスを自動的に作成して配信する。社員は、スマートフォンやタブレット端末から日々のアドバイスを確認し、職場での行動に活用できる。

 同社は2015年、名札型ウエアラブルセンサーで取得した行動データ(身体運動の特徴パターン)から、組織の生産性に強く相関する幸福感を計測する技術を開発した(関連記事:日立が「幸福感」を計測できるウエアラブル端末、組織の生産性を可視化)。管理職向けに改善策をレポートにまとめて提出するサービスも開始しており、これまでに三菱東京UFJ銀行や日本航空など13社が試験運用または実運用を開始している(関連記事:人工知能と名札型センサーで業務改善、日立製作所と三菱東京UFJ)。

 今回新たに、名札型ウエアラブルセンサーから収集した行動データを時間帯や会話相手などの項目で細分化し、これを人工知能で分析することによって、各個人にカスタマイズされた幸福感向上に有効なアドバイスを日々自動的に作成、配信する技術を開発した()。

 新技術を使うと、「Aさんとの5分以下の短い会話を増やしましょう」「上司のBさんに会うには午前中がおすすめです」など、職場でのコミュニケーションや時間の使い方に関する多様なアドバイスを、日々確認できる。このアドバイスを実行することで、従業員一人ひとりの幸福感が高まる。

 名札型ウエアラブルセンサーは、幸福感を計測する手段として加速度センサーを搭載している。さらに、誰と会っているのかを計測する手段として赤外線センサーを搭載している。これにより、幸福感と人とのコミュニケーション状況を組み合わせて分析できるようにしている。