中国のインターネットサービス大手のテンセントホールディングス(HD)は2016年6月6日、同社のスマートフォン決済サービス「WeChat Pay(旧WeChat Payment)」の日本戦略を発表した。チャットアプリとの連携を前面に押し出し、店舗の決済とネットサービスを組み合わせて顧客を囲い込む「O2O」の手段として日本企業に売り込む。

テンセントホールティングスの江氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「WeChat Payは単なる決済方式の枠を超えて、今や中国人のライフスタイルの一部になっている。訪日中国人に日本のサービスを体験してもらうために役立つだろう」。テンセントHDの江浩然 執行役員 兼 経営戦略本部長は、日本企業の訪日中国人向け事業におけるWeChat Payの意義をこう述べた。

WeChat Payの決済画面例
[画像のクリックで拡大表示]

 WeChat Payは同社が運営するチャットアプリ「WeChat(微信)」内で提供する決済サービスだ。利用者のスマホ画面に表示したQRコードを店舗の端末で読み取る、店舗側の情報端末に表示したいQRコードを利用者のスマホで読み取るといった方式で決済する。店舗での料金支払いだけでなく、利用者同士でお金を送り合う「個人間送金」も可能だ。2013年8月に提供を始め、登録利用者は3億人を超える。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら