アマゾン ウェブ サービス ジャパンは2016年6月1日、開発者やユーザー、ベンダーを一堂に会したイベント「AWS Summit Tokyo 2016」を開幕した。会期は従来より1日増えて3日間。100を超えるセッションなどに、1万6400名が参加登録したという。

写真1●アマゾン ウェブ サービス ジャパン 代表取締役社長の長崎忠雄氏
(撮影:渡辺 慎一郎=スタジオキャスパー)
[画像のクリックで拡大表示]

 基調講演に先立ち、アマゾン ウェブ サービス ジャパン 代表取締役社長の長崎忠雄氏が登壇し、「Enterprise Day」と銘打った初日の意義を語った。「AWSの東京リージョンがスタートして5年が経った。5年前に比べ、エンタープライズの顧客も、クラウド前提でシステム更改を考えるケースが増えている」と指摘。業種や規模を問わず、クラウドを導入するステップにはある程度のパターンがあると話した。

写真2●クラウド導入のパターン
[画像のクリックで拡大表示]

 具体的には、トライアルから始め、特定のワークロードやプロジェクトに移行を拡大し、オンプレミスのワークロードを全面移行。最終的に「クラウドに最適なアプリを作り、AWS(Amazon Web Services)のポテンシャルを最大限に引き出す“クラウドネイティブ”に行き着く」(長崎氏)。AWS Summitで披露される事例を参考にしてほしいと訴えた。「ステップバイステップでクラウド化を進める“クラウドジャーニー”により、業務改革やトランスフォーメーション、経営にインパクトを与えるといったセッションを用意した」(長崎氏)。

 「クラウド導入のきっかけはコスト削減。しかし顧客と話をしていて感じるのは、企業業績に貢献できるITであることがAWSの最大のメリット」。長崎氏はこう話を締めくくり、GE Global Research IT CTOのエリック・タッカー氏を壇上に招いた。

 タッカー氏の基調講演のテーマは、「GEが語るビジネストランスフォーメーションにおけるクラウド活用の重要性」。GEのクラウドジャーニーを披露した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら