SC-S80650
出所:セイコーエプソン
[画像のクリックで拡大表示]
SC-P20050
出所:セイコーエプソン
[画像のクリックで拡大表示]

 セイコーエプソンは2016年5月10日、サイン/ディスプレイ業界向けに、耐候性の高いエコソルベントインクを採用した大判インクジェットプリンター3機種を5月24日に発売すると発表した。また、幅広い用途に対応する水性顔料インクを採用した大判インクジェットプリンター2機種4モデルを6月に発売する。

 エコソルベントインクを採用したのは、「SC-S80650」「SC-S60650」「SC-S40650」の3機種。

 高画質モデルのSC-S80650は、新開発の「UltraChrome GS3インク/GS3インク with RED」を採用。乾燥性を高めて印刷後の巻き取り時間までの生産性を向上した。UltraChrome GS3インク with REDは、レッドインクを追加して色域を拡大し、色再現性を高めた。用途に応じて9色と、ホワイトインクまたはメタリックシルバーインクを加えた10色の3モードを使い分けできる。また、色再現領域を拡大するソフトウエアRIP用プロファイル「Epson Wide CMYK Input Profile」を用意した。さらに「PrecisionCoreTFPプリントヘッド」を2個搭載し、高画質と高速印刷を両立した。

 メンテナンス作業を大幅に削減する「布ワイパー」、プリンター内の空気をきれいに保つ「空気循環システム」、チューブ内のインクの沈殿を減少させる「インクフローレギュレーター」などを備える。印刷用紙は64インチ(幅1626mm)のロール紙に対応。印刷解像度は最大1440×1440dpi。インタフェースはUSBとギガビットイーサネット。本体寸法は幅2620×奥行き1090×高さ1670mm(最大時)、重さは約284kg。標準価格(税別)は220万円。

 SC-S60650は、4色のUltraChrome GS3インクを採用し、PrecisionCoreTFPプリントヘッド2個搭載のハイスピードモデルで、標準価格は220万円。SC-S40650は、4色のUltraChrome GS3インクを採用したスタンダードモデルで、標準価格は170万円。

 水成顔料インク「UltraChrome Proインク」採用モデルは、64インチ対応の「SC-P20050」シリーズと、44インチ(B0プラス、幅1118mm)対応の「SC-P10050」シリーズ。両機種とも「PrecisionCoreマイクロTFPプリントヘッド」を搭載し、従来比約3.8倍の高速印刷が可能。4つのブラック系統インクを含む9色インクで、より滑らかな階調表現が可能。

 「SC-P20050X」は、64インチ対応ONYX RIPバンドルモデルで標準価格162万円。「SC-P2005PS」は、64インチ対応Post Script対応モデルで同159万円。「SC-P10050」は、44インチ対応モデルで同79万8000円。「SC-P1005PS」は、44インチ対応Post Script対応モデルで同94万8000円。

セイコーエプソンのWebサイト