ブロックチェーン推進協会の参加メンバー
[画像のクリックで拡大表示]

 インフォテリア、日本マイクロソフト、さくらインターネット、テックビューロなど34社は2016年4月25日、ブロックチェーン技術の普及啓発を目的とした業界団体「ブロックチェーン推進協会(BCCC:Blockchain Collaborative Consortium)」を発足させた。

 2016年5月中旬に第1回理事会を開催して会則などを決め、年内の一般社団法人化を目指す。

 理事長にはインフォテリアの平野洋一郎社長、副理事長にはカレンシーポートの杉井靖典CEO(最高経営責任者)とテックビューロの朝山貴生社長、理事にはさくらインターネットの田中邦裕社長、日本マイクロソフトの大谷健エグゼクティブプロダクトマネージャーが就任する。

 同協会は、ブロックチェーン技術の普及に向けたイベントやセミナーの開催、実証実験の結果などの情報交換のほか、スタートアップ企業への資金調達支援を行う。

 同業界には、ブロックチェーン技術開発の企業として、カレンシーポートやテックビューロのほか、コンセンサス・ベイス、Nayuta、米ConsenSysが参加する。金融分野にとどまらず、IoTや社内業務システムなどへの応用を目指す。

 同協会は理念として、特定の技術や基盤に依存しない「ブロックチェーン ニュートラル」「プラットフォーム ニュートラル」、国外の団体とも連携する「グローバルに連携しガラパゴス的活動をしない」に加え、「反社会勢力、反市場勢力の排除」を掲げる。

 この「反社、反市の排除」という理念について、理事長に就任するインフォテリアの平野社長は「ITの業界団体でこうした理念を掲げるのは珍しいが、FinTechという金融分野を扱うに当たり、いろんな方が近寄ってくるのも確か。発足の段階からこの項目を掲げることで、健全な発展を目指したい」と語った。

 ブロックチェーン発起メンバーは以下の34社。年内に100社の参加を目指し、金融機関などのユーザー企業やSI企業に参加を働きかけるほか、Global Blockchain Fourumなど海外組織との連携も進める。

ブロックチェーン推進協会の発起メンバー
・アイリッジ
・アララ
・ETMG
・イー・ガーディアン
・IndieSquare
・インフォテリア
・漆間総合法律事務所
・SJI
・オウケイウェイヴ
・オプトベンチャーズ
・カタリベ
・カレンシーポート
・クローバーラボ
・コンセンサス・ベイス
・ConsenSys
・さくらインターネット
・GMOインターネット
・テックビューロ
・ドリコム
・Nayuta
・日本サード・パーティ
・日本マイクロソフト
・ハウインターナショナル
・HASH コンサルティング
・ビットバンク
・BTC ボックス
・フィスコ
・フィデルテクノロジーズ
・ぷらっとホーム
・BASE
・ホットリンク
・マネーパートナーズソリューションズ
・Unitedly
・ロックオン

 このほかアドバイザーとして、森・濱田松本法律事務所の増島雅和弁護士、シンガポールのドラゴンフライ・フィンテック CEOのロン・ウォン(Lon Wong)氏、米フェノックス VCのアニス・ウッザマン(Anis Uzzaman)氏、Nippon Technology Venture Partnersの村口和孝氏が就く。