富士通は2016年4月13日、医療機関の放射線部門に向けて、放射線画像診断アプリケーションソフト「診療画像ソリューション」3製品を強化したと発表した()。例えば、放射線治療部門向けに、治療装置から取得するデータを参照するための画像ビューアを用意した。3製品は4月15日に販売を開始し、2016年7月上旬に出荷する。販売目標は、2017年度(2018年3月期)末までに3製品合わせて200システム。

図●診療画像ソリューション3製品の概要
(出所:富士通)
[画像のクリックで拡大表示]

 3製品はそれぞれ、(1)放射線による撮影、(2)放射線による治療、(3)撮影画像の管理、を担当する。いずれも、電子カルテシステムとデータ連携する。稼働環境は、サーバーソフトがWindows Server 2012 R2、クライアントソフトがWindows 8.1 Pro。価格は個別見積もり。

 (1)「HOPE LifeMark-HX 生体検査ライブラリ」(旧称はHOPE DrABLE-GX技師支援ライブラリ)は、診療放射線技師の撮影業務を支援するソフトである。電子カルテシステムから発行された放射線オーダーの入力支援や、撮影装置への情報送信、照射録の管理、統計のためのデータ抽出、などの機能を備える。

 今回の強化では、2015年から販売している電子カルテシステムの新製品「HOPE LifeMark-HX」とデータベースを一体化し、HOPE LifeMark-HXの一機能として製品名を改めた。電子カルテシステムはBI(ビジネスインテリジェンス)機能を備えているため、データベースを一体化することで放射線検査の情報を他の検査結果や会計データと合わせて分析しやすくした。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら