写真1●米GoogleのMaire Mahonyエンジニアリングマネージャー
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleは2016年4月6日(米国時間)、同社と米Rackspaceが共同で米IBMの次期プロセッサ「POWER9」搭載サーバーを開発中であり、設計図は「Open Compute Project(OCP)」の中でオープンソースとして公開する予定であることを明らかにした(写真1)。同日に米サンノゼで開催された「OpenPOWER Summit 2016」で発表した。

 IBMは2013年に「OpenPOWER Foundation」を設立し、POWERプロセッサの知的財産(IP)を他社に公開している。既にIBM以外の米国や中国の複数のメーカーがPOWERを搭載する独自サーバーを販売しているほか、2018年にはIBM以外のメーカーが開発したPOWERプロセッサも市場に登場する予定。OpenPOWER Summit 2016は、OpenPOWER Foundationが開催したイベントだ。

 Googleは2014年にPOWER搭載マザーボードの試作機を公開しているが、サーバー本体の開発や採用に関しては口を閉ざしていた。Googleの今回の発表は、同社がPOWERに「本気」であることを示すものだと言えそうだ。

GoogleのソフトウエアのほとんどがPOWERに対応済み

 GoogleとRackspaceが共同開発するPOWER9サーバーの開発コード名は「Zaius」で、POWER9プロセッサを2個搭載可能(写真2)。IBMや米NVIDIAが採用するCPUやGPU、メモリーを高速で接続するインタフェース「NVLink/CAPI」にも対応。筐体はGoogleが開発する「48Vラック」に対応する(関連記事:「Open Compute Project」に米Googleが参加、独自開発の「48Vラック」を公開)。

写真2●Googleが開発中のPOWERサーバー「Zaius」の概要
[画像のクリックで拡大表示]

 OpenPOWER Summit 2016で講演したGoogleのMaire Mahonyエンジニアリングマネージャーは、既に同社が「Gmail」を始めとする同社のクラウドサービスや、クラウドを支えるITインフラのソフトウエアのほとんどをPOWERプロセッサに移植しており、「Googleのエンジニアは設定ファイルを変更するだけで、POWERプロセッサ対応を完了できる状態」(Mahony氏)であることを明かした(写真3)。

写真3●GoogleのソフトウエアのPOWER対応状況
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら