図●「MFクラウドファイナンス」の概要
[画像のクリックで拡大表示]

 マネーフォワードは2016年4月5日、「MFクラウド」を利用する個人事業主や中小企業などのユーザー向けに、金融機関からの資金調達を支援する「MFクラウドファイナンス」を発表した。同サービス上で金融機関に会計データを提供したり、融資を申し込んだりすることが可能だ。2016年夏の提供開始を目指す()。

 実際に融資を受ける際の流れは、次のとおりだ。まずユーザーは、マネーフォワードが提供する「MFクラウド会計」などで管理する会計データや入出金データを金融機関向けに提供する旨を許諾する。さらに希望する融資額や期間を入力すると、条件に合う金融機関の各種融資メニューが表示される。表示されたメニューの中から選択、実行すると、金融機関側に会計データと融資申込が送信される仕組みだ。

 ユーザーは、融資を受けるための手続きを簡便化できる。一方の金融機関にとっては、書類受付の手間削減や審査時間の短縮化といった利点がある。従来の融資審査では扱えなかった日次での会計データや入出金データなどを活用できるようになるため、新たな融資機会の発掘につながる可能性もありそうだ。

 「MFクラウドファイナンス」のデータは、企業と会計事務所で共有可能である。顧問先の資金調達に当たって会計事務所は、会計データなどの信頼性を高めるためのサポートができる。

 マネーフォワードは「MFクラウドファイナンス」の提携先として、同社が資本業務提携する静岡銀行、山口フィナンシャルグループ、東邦銀行、クレディセゾン、業務提携先である住信SBIネット銀行、群馬銀行、滋賀銀行、その他にみずほ銀行やGMOペイメントゲートウェイなどを検討している。