日本HPは2016年2月22日、Windows 10 Mobile採用ファブレット「HP Elite x3」を発表した。日本国内向けにはKDDIがキーパートナーとして、2016年夏以降に法人向けに展開する(写真1)。

写真1●HP Elite x3
[画像のクリックで拡大表示]

 米HPはスペイン・バルセロナの「Mobile World Congress 2016」に合わせて開催されたサテライトイベントに、HP Elite x3の開発中の実機を展示した。

Snapdragon 820、4GBメモリーなど最上位スペック満載

 HP Elite x3は、プロセッサとして米クアルコム製の最新ハイエンドCPU「Snapdragon 820」を、メモリーは4Gバイト(LPDDR4)、ストレージは64Gバイト(eMMC 5.1)を搭載する。現時点で発表済みのWindows 10 Mobile機として、最上位のスペックを狙う端末になる。

 画面サイズは5.96インチと大きく、大型のスマートフォンであることからHPは「ファブレット」と表現する。画面解像度は2560×1440ドット(WQHD)で、アクティブマトリクス型有機EL(AMOLED)を採用。画面保護には「Gorilla Glass 4」を使っている。

 本体のインタフェースにはUSB 3.0 Type-Cを採用。有線接続による「Continuum for Phones」機能に対応する(写真2、3)。

写真2●USB 3.0 Type-Cポートを備える
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●有線でのContinuum for Phonesに対応
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら