東芝の「Wearvue<ウェアビュー> TG-1」
(出所:東芝)
[画像のクリックで拡大表示]

 東芝は2016年2月22日、メガネ型ウエアラブル端末「Wearvue<ウェアビュー> TG-1」の発売を中止すると発表した。東芝はTG-1を業務支援用として1月13日に発表し、2月29日から出荷開始するとしていた。

 発売中止に至ったのは、「新生東芝アクションプラン」における施策「事業ポートフォリオ及び事業運営体制の見直し」で決定したため。TG-1は重さ50gのメガネ型で、Windows端末と接続して利用する機器。アプリ開発に必要なSDK(ソフトウエア開発キット)を無償で提供するとしていたが、2月22日時点で製品ページそのものが閉鎖されている。

 東芝は2月4日にも、「ヘルスケア事業体制の見直し」として、リストバンド型生体センサー「Silmee」シリーズの発売中止を発表している。