画面●オンライン英会話サービス「レアジョブ英会話」
(レアジョブのWebサイトより)
[画像のクリックで拡大表示]

 レアジョブと増進会出版社は2016年2月15日、英語教育サービスに関する業務提携契約を締結したと発表した。今後、オンライン英会話サービスの販売や、英語教育サービスの開発などを共同で実施。英語によるコミュニケーション能力を備えた人材の育成を目指す。

 レアジョブは、通話ソフト「Skype」を用いたオンライン英会話サービスを手掛ける(画面)。増進会出版社は、通信教育サービスを提供するZ会などを傘下に持つ。小学校での英語必修化や、2020年に予定される大学入試改革などを見据え、2社が共同で新サービスを開発、投入する。

 まず2016年3月から、Z会グループの会員にレアジョブのオンライン英会話サービスの販売を開始。Z会グループの学校向け教材「NEW TREASURE」に準じたオンライン英会話レッスンの提供なども計画する。さらに、英語4技能と呼ばれる「聞く・話す・読む・書く」のスキルを高められる、「世界共通の価値基準に基づいた新しい英語教育サービスの実現を目指していきたい」(両社)という。